Pocket

私のコレステロール値

 

コレステロールと言えば、何か悪いイメージを感じさせませんか?
特に、「コレステロールが・・・」と言えば・・健康診断でLDLコレステロールが高くて・・・とか・・

食事するにも、「これを食べると、コレステロールが高いから・・・」など・・・
コレステロールという言葉自体、悪者扱いにされています。

そして、遂に私も、健康診断でLDLコレステロール値が基準より高い数値なっていました。
私の、LDLコレステロールは165Hでした。

暴飲暴食をする男性

この数値は基準よりも高いですが、気にする必要は無いと医者は言っていましたが、どうなんでしょう?

特に、脂っこいものと、お酒が好きなので、この、食事環境を改めなければダメなのか?

または、減らす程度で良いのであれば、出来そうですが・・

そこで、今、話題のDHAサプリで、「きなり」というものが評判を呼んでいるので、サプリメントが代役を果たすことが出来れば、今まで通り、揚げ物とお酒を飲むことが出来るのでは?・・と考えたのです。

ということで、今回は、LDLコレステロールを下げる 「きなり」の効果は?・・をテーマでレポートしました。

コレステロールの働き

コレステロールとは、おおよそ3つの働きをしていて、何れも、材料として働きます。

細胞膜の材料

細胞内図

コレステロールは、私たちの体にある細胞を覆っている細胞膜の材料です。

細胞は細胞膜というもので覆っていて、細胞膜のお仕事は、細胞自体を守ることと、細胞の外部からのエネルギーや物質を取り込んだり、外に出したりしています。

ホルモンの材料

ホルモン

ホルモンの材料として、コレステロールが使われます。

ホルモンと言えば、男性ホルモンや女性ホルモン、その他、私たちの体には多くのホルモンが存在しますが、それらの材料になります。

胆汁酸の材料

胆のう

肝臓の肝細胞がコレステロールによって合成されるのが胆汁酸です。
胆汁酸は、胆のうで蓄えられたり、脂肪などは、十二指腸に分泌されます。

そして、胆汁酸は、酸性を中和させたり、薬品から生じる毒素などを体外へ排出させます。
このように、コレステロールは胆汁酸を生み出す材料です。

LDLコレステロールとHDLコレステロールの違いは?

LDLコレステロールとHDLコレステロール

コレステロールの働きの次は、LDLコレステロールとHDLコレステロールの違いです。
これが今回のポイントであり、よく言われていることです。

健診結果の項目に、LDLコレステロールとHDLコレステロールの数値が表示されます。
LDLコレステロールは悪玉コレステロールで、HDLコレステロールは善玉コレステロールと言われています。

これは、役割の違いで、LDLコレステロールの数値が高いと言うことは、余分なコレステロールが血管内や肝臓に存在しているということになります。

この、余分なコレステロールを回収するのが、HDLコレステロールなのです。

つまり、LDLコレステロールの数値が低く、HDLコレステロールの数値が高いのが理想のスタイルであり、血液がサラサラということです。

コレステロールが高いとどうなる

動脈硬化の血管図

血管内に余分なコレステロールが溜まるとなると、血液の流れを狭くします。
これによって、血管の狭い箇所に圧力が掛かるので、高血圧になったり、血管にダメージを与えることになります。

また、コレステロールは脂質なので、これが、動脈に付着したままになると、血管が必要とする栄養分を摂り込むことが出来なくなったり、酸素不足になったりします。

そうすると、動脈は柔軟性を失うことになり、硬くなります。
これが、動脈硬化という病気です。

この、動脈硬化ですが、最も恐れられている生活習慣病の1つになります。

このような、動脈硬化を防ぐために生活の改善を必要としますが、LDLコレステロールの数値を下げ、HDLコレステロール値を高めるのが、DHAサプリメントです。

LDLコレステロールはDHAサプリで改善

DHAサプリの有用性グラフ

LDLコレステロールを下げて、HDLコレステロールを上げるには、DHAサプリメントが最も適しています。

もちろん、薬物療法という手がありますが、症状の程度によります。

また、薬は副作用というリスクを背負わなければなりません。

そこで、2014年のFNNニュースでは、日本脂質栄養学会が発表した内容ですが・・

「コレステロール値を上限未満に保とうとする医療には根拠がなく、コレステロールを下げるための投薬こそ、心不全など多くの副作用を引き起こす」と主張し ていて、コレステロールの上限値などを定めている、日本動脈硬化学会に対して、ガイドラインを改めるように緊急提言した。

このような情報がありますが、現在では賛否両論です。
よって、私の先ほどのコレステロール値でも、医師は気にすることは無いと判断したのではと思います。

ということは、薬を使うのは、必要に迫られた時ということになります。
それまでは、生活習慣の改善でコレステロール値を下げる努力をすることが最善の方法です。

そして、生活習慣で、効率よく数値を下げる効果を目指すのが、DHAサプリのきなりです。

きなりは、DHAサプリの中で、最も優れていると思ったからおすすめしますが、その根拠は次の、「きなりを買う理由」をご覧下さい。

その前に、DHAを補給することで、LDLコレステロールを下げて、HDLコレステロールを上げる働きについては、多くの機関で実証されています。

また、厚生労働省の日本人の食事摂取基準を見ると、1日に600〜700mgnの摂取で留まっているようです。
これを、厚生労働省は、1000mg以上を目指す必要があるとの推奨されています。

ということは、通常の食事にプラス400mg以上のDHAサプリ補給することで、1000mgに達するということになります。

きなりを買う理由

きなりのDHAサプリ

 

きなりは、さくらの森という会社から販売しているDHAサプリです。
DHAサプリは、きなり意外に多く売られています。

そこで、いろいろ試してみるのですが、私の場合、市販のDHAサプリを2種類程飲みましたが、結果的にきなりに落ち着いたということです。

最初のDHAサプリは、マツキヨやスギ薬局、ウエルシアなどで買って飲んでいましたが、1日の配合量が少ないことから、きなりに変えました。

考えてみれば、100円ショップでもDHAサプリは売られていますね。

安く買えることは、いいけど、サプリメントの安いものは、それなりの原料でしか作っていないので、ほとんど期待出来ないと思います。

つまり、原料や製法でサプリメントの価値は決まります。
その、原料の良し悪しや含有量、製法、体内に補給した時の効果が大切なポイントになるのです。

と言うことで、私が、きなりを買う理由を列記しました。

  • 配合量:1日分500mgのDHA・EPA
  • 体内吸収:クリルオイル採用で吸収率をアップ
  • 酸化防止:DHA・EPAは体内で酸化されやすいことから、酸化を防ぐ、アスタキサンチンを含有
  • 魚臭くない:毎日飲むものなので、飲みやすくするために魚臭さが無い

これらが、きなりの優れている点ですが、更に、ナットウキナーゼ配合など、日本古来の健康酵素も含まれています。

↓きなりの公式販売はこちら↓


↓きなり関係記事はこちら↓

中性脂肪は、きなり、それともイマークs

さくらの森「きなり」は中性脂肪を下げる!?

Pocket