Pocket

レストランで魚か肉か注文に迷っている

きなりは中性脂肪が気になる人、また、コレステロール値が高い、さらに、高血圧なので注意しなければと思っている人に飲まれています。

そして、きなりに含まれている成分は魚ですね。

魚の油・・・つまり、DHA・EPAと呼ばれている成分が含まれています。

この、DHA・EPAが不足すると、良くないのです。

私たちは健康を保つためにタンパク質を多く取らなければなりません。

そのタンパク質は、肉や魚に含まれていますが、魚よりも肉の方を多く食べることが多く、その結果、脂肪の取り過ぎとなってコレステロールが増えるのです。

さらに、中性脂肪や血圧が上昇する・・その結果、生活習慣病になるということですね。

このようなことにならないためには、食事の改善や運動、そして、DHA・EPAが含まれている魚成分を補うことが必要となってきます。

と言うことで、今回は、食事で摂るべきDHA・EPAをサプリメントにした「きなり」の成分についてお話ししたいと思います。

 

私たちはなぜ、魚成分が必要なのか?

昔は、今のように何も無かった時代なので、食べるものは、 まぐろやサバなどの青魚を常に食べていました。

インスタント食品を食べている女性

その青魚を食べていたので、健康維持を保っていたのですが 、今では電子レンジで簡単調理出来る食べ物が増えてきましたね。

冷凍食品など、簡単に調理出来て、味も美味しいので、そのようなものばかり食べるようになってきたのです。

それが、魚成分を補うことを少なくし、先ほど述べたように、生活習慣病の原因を作ってしまうのです。

魚の成分のメリットは、魚のサラサラとした脂ですね。

つまり、必須脂肪酸が含まれているのです。

この必須脂肪酸がDHA・EPAというオメガ3脂肪酸という成分で、私たちの体を作っている重要な栄養素なんです。

では、DHA・EPAは、体のどのような良い働きをしているのかを詳しく述べて行きたいと思います。

 

DHAは、脳の大脳皮質や海馬に存在する。

脳の記憶保存図

わたしたち、物事を記憶するのは、海馬と言う脳の器官で、その後、大脳皮質に移動して記憶保存されるそうです。

この情報は、以前、NHKのテレビ「サイエンスZERO “記憶”のミステリー?~最新脳科学が解き明かす記憶の正体~」という番組で紹介されていました。

そして、海馬は、記憶を大脳皮質に移動させているのですが、その橋渡しになるのが、海馬に存在する神経新生( ニューロン新生)です。

つまり、海馬の中で、神経細胞が生まれて、記憶を大脳皮質へと運ぶ役割をするのです。

脳の記憶には、このような仕組みで成り立っていますが、年齢が進むにつれて、神経細胞の働きが鈍くなります。

そして、大脳皮質へ運ぶことができなくなったりします。

これが、記憶力を衰えさせているのです。

 

DHAは認知症に良いと言われている理由

認知症が出る原因図

高年齢になると、物事を忘れてしまいますよね。

その原因は先程の海馬から神経新生を経て大脳皮質に移動する手段が途絶えることで起こるのです。

また、海馬は、一時的に記憶を保存しますが、多くの情報を蓄えることはできません。

そして、記憶を大脳皮質に移動出来ない状態になります。

つまり、海馬は、情報が過密状態になってしまうのです。

その結果、過密状態が続くことで、認知症の初期症状があらわれるということです。

海馬や大脳皮質は、DHAが原料のようなものなので、不足すると、うまく記憶したものを大脳皮質に運ぶことが出来なくなります。

そこで、DHAを補給することで、対応可能だということです。

このように、DHAが脳の記憶に大きく関係していると言う理由はDHA不足だったからです。

 

DHAは目の網膜に約40%存在する

網膜に含まれておりDHAを説明しているドクター

これも驚きだと思います。

DHAは目の網膜に約40%も含まれているということです。

ということは、不足すると、どうなるかはおおよそ想像できますよね。

つまり、DHAは目の機能や視力にとって不可欠な存在だということですが、視力回復に効果があるのか?

これを知りたいと思いますよね。

そこで、調べてみた結果、視力の回復に役立つことが期待出来そうなので、信用しても良いと思います。

というのは、DHAは血液脳関門に入ることが出来る成分なので、網膜にも有効だと判断できますね。

何れにしても、私たちの体の機能やエネルギーは、食事で得ているので、不足している成分を補うことで、回復することは可能だと思います。


下記は、サルを使ってDHAを摂取しないとどれだけ視力が落ちているか検証しているサイトです。

参考:マルハニチロ

https://www.maruha-nichiro.co.jp/dha/dha10800.html

 

目の網膜には多量のDHAが含まれており、DHAはこの網膜機能にも大きな影響を及ぼすと考えられています。サルを2世代に渡ってDHAを含まない飼料で 飼育して比較するという試験を行ったところ、生後4週、8週、12週の視力測定で、DHA欠乏のサルは視力が劣っていることが確認できました。

 

EPAは血管や血液に優れた効果を発揮する

さらさらとドロドロの違い図

EPAと言えば、血液がサラサラ状態にさせるとか、中性脂肪を減らすと言われていますが、それは、血栓の生成を防ぐ働きがあるからです。

よって、EPAは血管や血液を改善させるので、多くの疾患を防ぐことが可能になります。

脳梗塞や心筋梗塞はもちろん、血液中の中性脂肪やコレステロールを少なくすることが出来るということです。

よく言われているのは、先ほど述べた血液をサラサラ状態にするということですが、これは、EPAは常温で固まりにくいという性質があるからです。

固まりにくいということは、血液に粘土を和らげる働きをするということで、これが血液をサラサラにするということなのです。

当然、血液の粘土が和らげると、スムーズに血液が血管を流れることになりますよね。

そうすると、血管にテンションを掛ける必要がなくなるので、多くのメリットが生まれます。

 

例えば・・・

1)血行がよくなるので → 冷え性改善や肩こりが起こらない

2)血管に高い圧力を必要としないので → 高血圧症が改善される

3)血圧が正常化するので → 動悸や息切れなどが改善する
さらに、耳鳴りや腰痛、しびれの症状も起こらなくなる

4)代謝がよくなるので → ダイエット効果に期待出来る

5)血流がくまなく全身をめぐることになるので → 溜まった老廃物を素早く処理出来て、疲労がたまらない

6)頭皮やお肌の隅々まで行き渡るので → 抜け毛防止やお肌の若返り効果に期待出来る

 

その他、肝臓や腎臓などの臓器の機能改善が見られます。

なので、EPAの働きは、体全体に優れた効果を発揮すると言うことです。

いかがですか、EPAの効果は凄いとしかいいようがありませんね。

 

そして、次にこれらの、DHA・EPAをサプリメントにした「きなり」について話を進めてゆきますね。

DHA・EPAサプリといえば「きなり」

さくらの森のきなり

まず、DHA・EPAを補給することが、健康を維持するのに必要なものだと理解出来たと思います。

といっても、昔のように青魚を主食として食べ続けることは、ほぼ、不可能に近いですよね。

いちど、電子レンジで簡単調理で美味しいものが食べられると覚えてしまったら・・・

それを、止めるなんて、まず、不可能です。

一時的に食事の内容を変えることは出来ますが、長期に渡って続けなければならないのです。

これは、難しいと思いますが・・

あなたは出来ますか?

 

そこで、DHA・EPAをサプリメントにした「きなり」をオススメします。

きなりだったら、毎日4粒飲むだけで良いということです。

では、なぜ、きなりがオススメなのか?

その理由は、配合量が多いことと、DHA・EPAを酸化させたり劣化させないアスタキサンチンやクリルオイルが含まれていることです。

もちろん、価格も低価格を実現しているので、評価すべき点だと思います。

 

DHA・EPAの働きを最大限に生かす「きなり」

さくらの森ラインアップ

まず、きなりは、さくらの森という通販サイトから販売されています。

さくらの森は、さくらフォレスト株式会社が運営していて、きなりの他、白井田七(田七人参サプリ)や、美めぐり習慣(鉄分補給サプリ)など、多くのサプリメントや化粧品、健康茶や玄米食品など販売しています。

その中でベストセラーなのが、きなりです。

そして、きなりは2年連続モンドセレクションの最高金賞を受賞していることから、会社として信用出来ますね。

それで、DHA・EPAですが、効率よく体内吸収させることが効果に値しますが、残念ながら、DHA・EPAは酸化しやすいというデメリットがあります。

その酸化しやすいと言うデメリットですが、分かりやすくいうと、傷みやすいということです。

原料である青魚自体、新鮮さが命なので、空気に触れると酸化が進んで行きます。

酸化とは、りんごを切って置いておくと酸化して茶色に変化してゆきますよね。

これと同じことが起こって、DHA・EPAは酸化して効果が薄れてしまうのです。

そこで、きなりは、酸化を防ぐ、クリルオイルを配合しています。

クリルオイルを含ませることによって、効率よく体内吸収して酸化を防ぐ働きをするということです。

 

きなりのDHA・EPAはクリルオイルが酸化を防ぐ

クリルオイルの特徴画像

 

きなりに含まれているDHA・EPAは酸化を防ぐためにクリルオイルが含まれているということですが、クリルオイルって何?

ということですね・・・

クリルオイルは、 南極付近の海に生息する「おきあみ」というプランクトンの一種のことです。

プランクトンと言っても全長5cmぐらいあるそうですが、アザラシやくじらのエサとなっています。

そして、この、おきあみですが、多くのタンパク質や脂質、ビタミン類や食物繊維などが含まれていますが、特にアスタキサンチンというカロテノイドが多く含まれています。

この、アスタキサンチンは、強い抗酸化力があることで話題になっていますね。

驚くことに、アスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍もあると言われているので、DHA・EPAに含ませることによって、強い酸化力を発揮するということです。

ここが、きなりを求める強い魅力になっているようです。

このように、きなりにはクリルオイルのパワーで、DHA・EPAの効果を最大限に生かす仕組みが出来上がっています。

これが、他のDHA・EPAとの違いであり、売れている要因のひとつだと思います。

今、送料無料の特別モニターに申し込むと1980円(税込)で 試すことが出来ます。

15日返金保証やいつでも休止・解約出来るメリットもあるので、試すみてもいいかもしれませんね。

↓きなり1980円特別モニターの詳細はこちら↓

 

↓きなり関連記事はこちら↓

きなりサプリ 血糖値と血圧に効果を示す!

LDLコレステロールを下げる 「きなり」とは?

中性脂肪は、きなり、それともイマークs

さくらの森「きなり」は中性脂肪を下げる!?

Pocket