Pocket

きなりとイマークs肝臓が不調になる原因である、一つは、中性脂肪ですが、サプリメントなどで、対策するには、DHA、EPA配合のきなり・・・

そして、ニッスイのイマークsが良いと言われています。

中年の域に入ると、どうしても、肥満度が増し、血圧、コレステロール、そして、中性脂肪の数値が高くなります。

そして、特に、男性に多い事が目立っていますね・・・
男性の3人に1人は肝機能が異常・・または、その予備軍だそうです。

これは、日本人間ドック学会が発表していた内容ですが、肥満男性の約30%は、肝機能障害の疑いがあり、その、3割が中性脂肪が高いということです。

健康診断でメタボこの、中性脂肪を放っておくと、高脂血症になります。

そして、血圧が高くなりますが、症状が出にくいため、気がついた時には救急車で運ばれるということが少なくありません。

中性脂肪を放っておくと、生活習慣病に発展する場合が考えられるということです。

このようなことが無いために、対策として、食生活の改善と体を動かすこと・・・つまり、運動するのが基本です。

でも、中年と言っても、働き盛りの年齢なので、急に生活習慣を改善することは厳しいというのが、現状です。

そこで、さくらの森から販売されている、DHA・EPAサプリメントのきなりを飲んで、中性脂肪対策を試みるか・・・

ニッスイのイマークsを飲んで、中性脂肪を改善するか・・・
この2つの対策が、多くの人が選択されるようです。

今回は、この、評判の高い、きなりとイマークs・・どっちが良いのか?
比較してみたいと思います。

きなりは、体内への吸収率を高めたDHA・EPAサプリ

さくらの森のきなり

中性脂肪の改善サプリといえば、きなりが挙げられます。
これは、他のサプリメントと比べて、特化した特徴があります。

それは、体内への吸収率を極限まで高めているのです。
いくら、高濃度のDHA・EPA成分が含んでいても、実際、体への吸収率が低ければ、効果への期待は出来ません。

きなりは、まず、体への効果を優先して作り上げています。
それは、DHA・EPAを酸化させない、アスタキサンチン配合クリルオイルを使用しているのです。

DHA・EPAは、体内に入ると、酸化するという欠点があります。
せっかく、DHA・EPAを補給しても、酸化してしまうと、効果は期待できません。

そこで、きなりは、一般的な魚油を使わないで、南極周辺に生息しているオキアミを原料にしている、クリルオイルを使用しているのです。

このクリルオイルは、ビタミンEの1000倍とも言われているパワーを引き出す事が可能なのです。
そして、体内への吸収率が高いと言うことです。

また、DHA・EPAは、もともと、水での吸収率が悪く、水に溶けない欠点があります。
これが、体への低い吸収率へ反映するのです。

でも、きなりのクリルオイルは、その欠点を解消する、クリルオイルのDHA・EPA・・つまり、リン脂質結合型なので、速やかに小腸から吸収されます。

よって、きなりを1日4粒飲むだけで、500mgのDHA・EPAを補給することが出来ます。
この、500mgといえば、マグロの赤身の刺し身を約5人前に値する量になります。

きなりの評判が高い理由は、このような、有効成分である、DHA・EPAを効率よく体へ吸収することです。

イマークsは中性脂肪対策のトクホドリンク

ニッスイのイマークs

ニッスイのイマークsは、ヒトの臨床試験で血中の中性脂肪を20%低下を実証させたトクホ飲料(特別保健食品)です。

この試験は、イマークsを4週〜12週、継続して飲む続けた結果です。
よって、イマークsのボトルには、「中性脂肪が気になる方にイマークs」と明記されています。

そして、中性脂肪を低下させる作用のある、EPA600mg+DHA260mgと記載されています。
これを見ると、他の商品と差別化されていて、効き目があるイメージを抱きますね。

また、販売しているのは、ニッスイということもあり、魚肉ソーセージなど、大手食材メーカーで馴染みのある企業なので安心出来ます。

また、EPA600mg+DHA260mgということは、合計860mgになります。
これは、厚生労働省が発表している、1日の推奨量1000mgに対して、イマークsは86%を補うことが可能という事です。

後は、毎日の食材で十分補給出来る量だと思います。

私に飲めるか考えるでも、原料は魚でしょう・・
魚のドリンクって、生臭くて飲めないのでは?

また、魚嫌いの人が魚を食べないので、DHA・EPAが不足すると考えます。

そんな魚嫌いの人でも飲めるのか?
実は、魚嫌いは私なのですが・・・・

このように思っていたので、2ヶ月近く、イマークsを申し込むのを遅らせていたのです。

そして、薬と思って飲もうと決心して、イマークsを申し込みましたが、そんな心配する必要なく、美味しいドリンクだったのです。

でも、安心しましたね。
魚嫌いの私でも、美味しくいただくことが出来ました。

イマークsは、ヨーグルト風味なので、問題なく飲めますよ。
でも、味は個人差があるので、誰でも問題無く飲めるとは言えません。

それで、実は、イマークsはグレードアップ商品で、以前は、イマークと言う旧製品がありました。
これが、不味くて飲めないということで、改善されたのがイマークsなのです。

ヨーグルト風味をプラスすることで、飲みやすくしたということのようです。

イマークsは中性脂肪対策ドリンクなので、毎日飲むことが、ルールになります。これで、遅くても、3ヶ月飲み続ければ、血中中性脂肪値が20%低下するのではないかと思います。

もちろん、基本の生活習慣の改善が必要ですが・・

中性脂肪対策は、きなり、それとも、イマークs?

健康診断結果を見てがっかりいかがでしょう。
今回のレポートで、サプリメント派と、ドリンク派に別れると思います。

もちろん、サプリもドリンクも最低3ヶ月は続けて飲むことになりますので、値段も検討しなければならないと思います。

それで、私、個人の意見というか、おすすめは、イマークsです。

さすが、ニッスイということもあり、いいもの作っているな・・と感じています。

下記の表でも、イマークsは、1本で860mgのDHA・EPA配合量になります。
ただ、お値段がちょっと高いと言えば、価値を無視することになりますね・・

この、値段が高いと感じたら、きなりでもいいのでは・・と考えます。
きなりは、サプリメントなので、出張が多い方でも手軽に持ち運びが出来て飲むことが出来ます。

最後に、きなりとイマークsの比較表をご覧ください。

きなり イマークs
DHA・EPA配合量 500mg 860mg
タイプ サプリメント ドリンク
お試し価格 10本入1008円(税込)
定期コース価格 初回30日分1980円(税込)
2回目から4093円(税込)
20本入5400円(税込)

↓きなりの詳細はこちら↓


↓イマークsの詳細はこちら↓


↓当サイトの中性脂肪対策の関連ブログはこちら↓

レバリズム-L 効果は脂肪肝対策

水素水と肝臓

さくらの森「きなり」は中性脂肪を下げる!?

Pocket