Pocket

フローレスEPAは、EPAが648mg配合なので、業界でトップクラスのEPA量が特徴です。
フローレスEPAよって、フローレス倶楽部のフローレスEPAは、他の、サプリメントよりも、断然、EPAが多いと言うことで売れています。

私も、EPAやDHAを購入を考えていた時に「Yahoo!知恵袋」や「教えてGoo」などで、どこのメーカーのものが人気が高いのか?

調べてみると、フローレスEPAの口コミ評価が高かったので決めました。

そのきっかけは、健康診断で、数値が危険ゾーンに入っていることを知らされて、気になったので、EPAサプリメントを探していたのです。

でも、ウェブ検索してみると、かなり多くのメーカーから売られていて、どれを買えば良いのか?
迷っていたところ、口コミ評判によると、EPAの量と言うか、高濃度が決め手となったのです。
お陰で、血圧が下がったし中性脂肪の値も以前と比べて下がりました。

フローレスEPAの成分量

epa,dha比較

フローレスEPAは、血液のサラサラ成分で有名なDHAやEPAを凝縮したサプリメントです。
私は、子供の頃から魚が苦手で、特に青魚はほとんど食べたことがありません。
だから、特に効果があったと思っています。

そして、生活習慣病対策として、厚生労働省は、1日に1000mgを摂取することを推奨しています。
フローレスEPAは、1日、4粒飲むだけで、摂取推奨量の約80%をまかなえるサプリメントです。
高濃度のEPA 648mg + DHA 144mg で、792mgの配合量になります。

この量に関して少し調べてみると、他社は、EPA 100mg + DHA 150mgぐらいなので、250mgぐらいが標準のようです。
よって、フローレスEPAは、他社の約6倍もの多く含まれていることになります。

中性脂肪や高血圧症のサプリ効果

不飽和脂肪酸の摂り過ぎ

肉や乳製品などが作り出す飽和脂肪酸と言うものが、血液をどろどろにする要因になります。
私が大好きな、お肉やお酒が原因だと思うのですが、改善する手立ての運動も嫌いなので、なかなか数値を下げることが出来ません。

これが、私ですが、私と同じような中年の方って多いと思います。
そして、悪く進んでゆくと、高血圧症や高脂血症になり、生活習慣病と言われるものになって、入院しなければならなくなるのです。

それを、少しでも改善することを考えた結果、薬では無く、サプリメントが有効だと考えたのです。
もちろん、薬は血圧を下げることが可能ですが、いつまでも飲み続けなければならないことです。

つまり、ただ、血圧を上げさせない効果を維持するものです。
サプリメントとは違って、対処療法です。

サプリメントは不足しがちな栄養を補給するものです。
しかし、サプリメントは薬のような、即効性がありません。

サプリメントも、結局、飲み続けることが必要ですが、体の内側から改善する手法の違いだと思います。
ただ、サプリメントは、その人に合うか、合わないか?・・があるようです。

Pocket