Pocket

DHA・EPAの説明

さくらの森から販売している、きなりは、DHAとEPAの2つの不飽和脂肪酸(n-3系脂肪酸)で、必須脂肪酸を補給するサプリメントです。

それで、最近良く聞く、さらさら成分のDHA・EPAという、ラジオコマーシャルやテレビショッピング・・
これって、本当に何に効くの?

ということですが、まず、DHAとEPAの違いから説明しますね。
この2つの違いを説明すると、かなり長くなるので、端的に言うと、DHAは、脳に働きかける成分で、EPAは血液に良い成分です。

そして、この2つは、血中の中性脂肪コレステロール値を低下させる働きがあります。
でも、効果的に言うと、中性脂肪にはEPA、コレステロールはDHAが優れているのです。

つまり、中性脂肪が多い方には、EPAが適していて、検診などで、コレステロール値が高いと宣告を受けた方はDHAを摂ると言うことになります。

でも、この2つの脂肪酸を分けて摂取することはありません。
というのは、この2つは、お互いに相乗効果を持っているのです。

例えば、全く魚を食べない人でも、脳には、DHAが存在しているのです。
これは、DHAが不足すると、全身からEPAを集めてDHAに変換させているのです。

このように、DHAとEPAは役目は違いますが、協力しあって健康を保っているのです。

これで、それぞれの役割が分かったということですが、何れも魚に含まれている脂肪酸です。

魚を食べる機会が多いと、きなりを飲む必要は無いと思いますが、今の時代、漁師ぐらいしか魚は食べていないように思います。

よって、これをサプリメントで補うと効果的ということにないます。

↓きなりの公式販売サイトはこちら↓


きなりは中性脂肪を下げる

中性脂肪を語る今、中性脂肪が高いという方が増えています。
特に、50歳を過ぎた女性に多いようです。

そして、中性脂肪が高いと動脈硬化に発展すると言われているので、更に心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性があります。

このような大きな病気を予防するには、中性脂肪を下げることが必要です。

そこで、先ほどの、DHAとEPA、2つの不飽和脂肪酸配合のきなりをおすすめします。
きなりは、他のDHA・EPAサプリとは違った特徴があるので売れているのです。

そして、リピート率は92.3%もあります。
では、その違いを説明すると・・・

4粒で500mgのDHA・EPA

4粒で500mgのDHA・EPA摂れる

1日4粒飲むだけで500mgのDHA・EPAが摂れる
これは、クロマグロの赤身の刺し身を5人前の量になります。

クリルオイル配合

真っ赤なクリルオイル

DHA・EPAは酸化しやすいのが欠点です。
この欠点を補うには、酸化しにくいクリルオイルを配合しています。

クリルオイルは、南極に生息している、エビの仲間のような、オキアミを抽出したものです。
今までの、DHA・EPAは、水になじまない性質なので、身体への吸収率は良くありません。

これを、クリルオイル配合により、小腸からスムーズに吸収されます。

アスタキサンチン

アスタキサンチン

DHA・EPAを摂取して身体に入ると酸化しやすくなります。
これを防ぐのが、アスタキサンチンです。

アスタキサンチンは、抗酸化成分なので、DHA・EPAと一緒に摂ると酸化を守って本来の力を発揮します。
ちなみに、抗酸化力は、ビタミンEの1000倍と言われています。

魚臭さがありません

魚臭くない

これも、きなりの特徴ですね。

DHA・EPAサプリは魚のニオイが強いという欠点がありますが、きなりは、特殊製法でニオイをブロックしています。

これで、魚嫌いな人やニオイが苦手な方も大丈夫です。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼ

きなりには、血栓の溶解を促す効果のナットウキナーゼをプラス配合されています。
更に、ナットウキナーゼは、血流改善や血圧降下作用も確認されているので、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減することが可能になります。

きなりは、このような、他社に無い特徴が魅力となって売れているようです。

特に、クリルオイルを配合したことにより、酸化を防ぎ、身体への吸収率を格段に高めているので、比較的早く実感することが出来ます。

是非、さくらの森の「きなり」をお試し下さい。
今、先着100名限定で特別モニター、67%OFFで始めることが出来ます。

更に、15日返金保証キャンペーンも実施しています。

↓きなりの詳細はこちら↓


↓当サイトの肝臓関連ブログはこちら↓

水素水と肝臓

レバリズム-L 効果は脂肪肝対策

スルフォラファン 効果は何?

肝臓を守る、しじみんのカルサイト効果

肝パワーe+ 楽天で販売してる?

 

 

 

Pocket