Pocket

肝臓を守ると言えば、しじみから抽出させた、オルニチンとしじみの貝殻を粉末にした、カルサイト配合の、しじみんが効果的です。

しじみんで元気しじみんは、オルニチンとカルサイトがメインの成分ですが、ツルアラメと言う、プラス成分が含まれています。
ツルアラメは、主に日本海沿岸部に分布する海藻です。

そして、しじみ貝は、青森県十三湖のヤマトシジミを使っています。
この、シジミは、昔から、しじみ貝を焼いて、粉にして、飲むと、お酒を多く飲んだ翌日でも、元気を取り戻すことが出来るとの言い伝え(民間伝承)が今でも続いています。

このことを、調べた結果、しじみ貝を500℃ぐらいで焼くと、カルサイトと言うものになります。
この、焼く温度も微妙で、500℃以上でも、以下でも、カルサイトにならないと言うことです。

この適した温度で焼いたカルサイトを粉末にしたものが、しじみんの成分ですが、弘前大学と北大の協力を得て、ラットでの実験で肝機能の改善が見られたとのことです。

このことによって、民間伝承は間違いなく効果があると実証されたのです。

しじみんは、このような、肝機能を守るサプリメントとして、人気が高まっています。
肝臓元気特に、オルニチン効果とカルサイトとプラス成分のツルアラメ効果が肝機能の働きを最大限にします。

具体的な肝機能のサポートは・・

  • 二日酔いを抑える
  • 疲労を回復させる
  • 朝の目覚めがスッキリ

しじみんを始めて飲んで、最初に実感となるのが、このような効果です。
これは、オルニチンとカルサイトのWの効果が発揮されることです。

そして、ツルアラメの、ダイエコール成分は、コレステロールを低下させたり、アルギン酸が含んでいるので、高血圧症にも有効です。

しじみんの効果的な飲み方

しじみんの成分は、亜鉛、タウリン、カルシウム、鉄、そして、アミノ酸が含まれています。
しじみんを飲むこれらを最大限に生かすには、通常、夕食後に飲むのが有効的です。

その理由は、夜、眠っている時に、成長ホルモンやその他の機能が働き易くなるからです。
睡眠中は、日中活動している機能は停止モードに入リます。

その時に、サプリメントなどで、補給した栄養素が働きやすくなるからです。
また、飲み会などでお酒をいつもより多く飲む前にしじみんを飲むことをお勧めします。

↓こちらのレバリズムLもオススメですね↓

Pocket