Pocket

疲労が最高になった男性

イミダペプチドは、疲労の原因である、活性酸素を撃退することで、疲れを解消させますが、肝臓には、どのような、効果があるのかを、レポートしたいと思います。

それで、主に肝臓が悪くなると、これと言った目立った症状は現れませんが、何か最近疲れがとれない・・・
朝から疲労が抜けきれず、やる気が出ない・・

など、いつもとは違った変化が気になったりします。

これも、少しは様子を見ることが必要だと思いますが、慢性的に疲れが続くとなれば、一度、医療機関で検査を受ける必要があるかも知れません。

また、イミダペプチドを補給することもおすすめですね。

その、おすすめの理由は、イミダペプチドは疲労の根本的な原因を解消させる有害な活性酸素に立ち向かうことができるからです。

疲労は、脳の自律神経のバランスが崩れることによって起こると言われていますが、長引く疲労は、肝臓か関与している可能性があります。

そこで、肝臓が悪くなると、どのようなメカニズムが働いて、疲れとなって現れるのかをお話ししたいと思います。

肝臓が疲労を作る、そのメカニズムとは・・

肝臓が脳に疲れを伝える

肝機能が低下すると、疲れが伴います。
これは、肝臓の機能の、解毒作用やエネルギー代謝、そして、神経伝達物質が低くなることによって起こるそうです。

そして、これらの、肝機能障害が過剰なストレスを感じて、脳に伝えることによって、疲労を感じるという仕組みと言うことですが、まだ、完全に疲労の信号が脳に発しているなど、解明されていないようです。

でも、メラトニンやセロトニンなどの、神経伝達物質は脳で作られますが、その材料は肝臓が作り、血液となって送られているのです。

よって、肝機能が低下すると、神経伝達物質は脳で生み出すことが出来なくなります。

その結果、まず、疲れが生じます。
そして、不眠症、心身症、ノイローゼ・・・更に、うつ病に発展する可能性があります。

このように、肝臓の機能と脳は深い関係を持っていて、体調を示す指針が疲労なのです。
つまり、疲労がサインとなって知らせてくれるということです。

それで、一般的な疲労は、主にエネルギー消費や、ストレスなどで起こりますが、体を休めることで回復します。
でも、疲労の回復力が弱くなったとか、回復しないとなると肝臓が関係している可能性があるので、注意が必要です。

イミダペプチドと肝臓

しじみ汁と牡蠣

疲れの原因を多く含んでいる肝臓ですが、イミダペプチドを補給することで、肝機能を回復することが可能なのか?
これが、気になる点だと思います。

肝臓と言えば、しじみのオルニチンや牡蠣のタウリン、ブロッコリースプラウトのスルフォラファンなどが挙げられます。

これらは、肝機能強化に働く成分なので、補給することで改善する可能性があると言われています。

もちろん、イミダペプチドも、肝臓に良いものなのです。
その1つは、活性酸素を抑制させるパワーがあるからです。

肝細胞の中に、ミトコンドリアという細胞小器官が存在していますが、この、ミトコンドリアの働きで、エネルギーを生み出しているのです。

でも、エネルギーを生み出す過程で、どうしても活性酸素が生まれてしまい、これが、DNAやミトコンドリア自体に害を与えるのです。
つまり、活性酸素は有害であり、老化や病気の原因を作るのです。

この、活性酸素にイミダペプチドが働くことによって、肝機能を助けることが出来るということです。
では、次に具体的なイミダペプチドの成分からお話ししますね。

イミダペプチドは、カルノシンとアンセリンのペプチド

カルノシンとアンセリン

イミダペプチドは、カルノシンとアンセリンが含まれています。

カルノシンは、アミノ酸の、β-アラニンとL−ヒスチジンが結合したもので、アンセリンも同じ、アミノ酸の、β-アラニンとメチルヒスチジンが結合したイミダゾールジペプチドです。

それで、まず、ペプチドと言うことですが、アミノ酸が2つ結合したもののことをいいます。

そして、ペプチドは、最初から分解されているので、体内吸収が早く、通常のアミノ酸と比べて血液中に入ると、持続時間が長く、素早く吸収されるというメリットがあります。

このように、イミダペプチドはペプチド効果で優れた働きに期待出来ますが、更に、カルノシンとアンセリン効果についですが、どちらも、活性酸素を撃退する性質を持っています。

また、どちらも、私たちの骨格筋や脳に含まれている成分で、神経伝達物質に作用されていると言われていますが、カルノシンがアンセリンを作り出していると言われています。

何れにしても、私たちにどのような効果に期待出来るかと言うと・・・

*肝機能の向上 *疲労を回復
*血糖値の正常化 *運動エネルギーを強化
*基礎代謝を高める *糖化を予防
*高血圧と正し貧血を防ぐ *痛風の予防
*アンチエイジング *生活習慣病の予防

主に、上記のような効果に期待出来るということですが、肝臓と脳を中心に、活性酸素を抑制することが大きな利点になります。
というのは、老化や病気の原因を作り出しているのは、活性酸素だと言われているからです。

日本予防医薬のイミダペプチド

イミダペプチドサプリとドリンク

カルノシンとアンセリン配合のイミダペプチドは、サプリメントタイプとドリンクタイプが販売されています。

その、販売元は、日本予防医薬という会社です。

日本予防医薬は、大阪市立大学、大阪市、そして、大手食品メーカーや医薬品メーカーなど、18社が連携して15億円を投入して作り出した商品です。

つまり、産官学連携プロジェクトで完成させたのですが、そのヒントは、長距離飛行する渡り鳥や長距離泳ぐ回遊魚です。

彼らは疲労を感じずに数万kmも飛び続けたり、泳ぎ続けることを疑問に思い、研究した結果、渡り鳥の胸肉や回遊魚の尾びれ部分に存在する、イミダペプチドを発見したことから始まったのです。

これについては、前回記事の「渡り鳥サプリ イミダペプチドサプリ」をご覧下さい。

↓イミダペプチドカプセル 980円モニターはこちら↓


↓イミダペプチドドリンク980円モニターお試しはこちら↓

Pocket