Pocket

どっちにしようか迷っている男性

ぺニス増大サプリと言えば、ヴィトックスαの評判が高いようですね。

その理由は、 2014年から2016年、そして、今年になっても売上No. 1になっているようです。

そして、売上が、3年間で41万個を突破したということなので、すごく売れていますね。

さらに2016年のモンドセレクション に選ばれるなど、男性の性の悩みをサポートする商品としては高品質の証という賞を受賞しています。

 

でも、私は思うのですが、 値段が高いですね。

ヴィトックスαは36%の割引でも、1箱12800円もします。

もちろんそれに見合う効果があると思いますが、1ヶ月12800円の出費は少しキツイ気がします。

 

また、サプリメントは薬と違って、1回服用するだけで済むものではありません・・・つまり、最低1ヶ月以上は飲み続けてこそ、変化が現れると思います。

 

そこで、最近、売れ始めているエクストロールαはどうなんだろう?

エクストロールαは、今、66%OFFで1箱4980円で買えます。

この値段の違いはどうなんでしょう?

 

エクストロールαは、ヴィトックスαとどう違うのか?

違いを知ってから購入を決めてもいいと思います。

ということで、エクストロールαとヴィトックスαの違いを徹底的に調査しましたので、まず、違いを知ってから判断して頂ければと思います。

 

エクストロールαはヴィトックスαより格安

女医からの説明

 

エクストロールαはヴィトックスαよりも、安く購入できますね。

この安さですが、なぜなのか?

気になったので調べてみました。

 

エクストロールαとヴィトックスαの成分の違いは何?

 

エクストールαとビトックスαの成分比較画像

エクストロールαとヴィトックス-αの成分の違いですが、結論を言えば、ほぼ同じものが含まれています。

 

ただ、 ヴィトックスαの赤ガオクルアはエクストロールαには含まれていません。

また、クラムチャイダ、オタネニンジン、ウミヘビ、パファエキス、馬の心臓などは、ヴィトックスαには含まれていませんが、同じような働きをする成分が含まれているので、私は同等だと考えています。

 

エクストロールαの売りである、ビール酵母はヴィトックスαには含まれていないので、エクストロールαのメリットとしては期待できると思います。

 

そして、ヴィトックスαの強みは、100以上の天然素材が配合されている点と、レスベラトロールの抗酸化作用ですね。

 

では、次に、エクストロールαとヴィトックス-αはどのようにしてぺニスを増大させるのか?

これについて述べて行きたいと思います。

 

具体的な成分名は、このブログの後半に記載しております。

エクストロールαのぺニス増大させる仕組み

エクストロールαのペニス増大に至る仕組み

 

エクストロールαの主成分は、L-シトルリンとクラチャイダムです。

そしてプラス配合されている成分は、L-シトルリンとクラチャイダムを後押しする形で働きかけます。

 

また、エクストロールαがこだわっている部分は、配合バランスです。

この配合バランスが、素早く効果を発揮させる鍵となるので、何度も研究を重ねて、データを取って完成させたということです。

 

ペニスを増大させるには、陰茎の海綿体に流れる血液量と血管の拡張が大きなポイントとなります。

つまり、陰茎海綿体のほとんどが、血液で占められることになるので、その血液の流れをよりスムーズに行なわなければならないのです。

 

そのために、成長ホルモンをより活発化させる・・・つまり、細胞分裂と新陳代謝を促す成分が有効です。

そこで、L-シトルリンを体内補給するということになります 。

L-シトルリンは、 血管拡張及び血流促進作用があり、海綿体へ送られる血流を増やす働きをします。

 

よって、 エクストロールαは、L-シトルリンが主成分になっていますが、 クラチャイダムの働きで、血行をよりスムーズに促進させて、精力を強いものにさせる狙いがあります。

つまり、L-シトルリンをより効果的に後押しするという仕組みです。

そして、ビール酵母がさらにサポートします。

 

ビール酵母の核酸が細胞分裂を効果的に行う

ビール酵母の説明

 

エクストロールαにはビール酵母が含まれています。

このビール酵母ですが、どういった働きをするのかということですか、 まず、ビールを作る過程でアルコールの発酵を行う微生物のことをビール酵母と言います。

 

そのビール酵母は多くの栄養素がバランスよく含まれています。

それは、アミノ酸や食物繊維、そして、ビタミン類がたっぷり含まれていて、これがペニズ増大の助けとなる働きをします。

 

そして、ビール酵母には、核酸が含まれているのが大きなメリットですね。

核酸は私たちの遺伝子情報を伝える成分で、DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)があって、いずれもタンパク質を合成したり、体を形成している遺伝子情報を持っています。

 

よって、ビール酵母に含まれている核酸を補給することで、細胞分裂をスムーズにし、L-シトルリンによる働きを有効的に促します。

 

これにより、陰茎の海綿体に流れる血液量と血管の拡張を効果的に進める作用が現れて、ペニス増大効果が比較的早く実現できるということです。

 

ヴィトックス-αのペニス増大効果

レスベラトロールの効果を説明

 

ヴィトックスαも、エクストロールαと同じ仕組みで働きかけ、ペニス増大を目指します。

ただ、成分の違いということですね。

 

ヴィトックスαも、L-シトルリンが海綿体に流れる血液量と血管の拡張を目指しますが、アルギニンとレスベラトロールが後押しするというスタイルです。

 

まず、アルギニンは男性ホルモンの分泌を促す働きを持っていることと、レスベラトロールはポリフェノールの一種で抗酸化に働くということです。

 

抗酸化と言うと、体が錆びる・・・つまり、活性酸素が体内に発生して、細胞やDNAを破壊させたりします。

そこで、それに立ち向かうのが抗酸化成分です。

 

私たちの体は、常に活性酸素が発生して、酸化されることで、老化が進んだり、病気の原因を作ったりします。

 

それに対抗するために、抗酸化成分のレスベラトロールが働きかけますが、レスベラトロールは、ぶどうや赤ワインに含まれている成分です。

では、レスベラトロールはどのようにしてペニズ増大に繋げるのかを述べますね。

 

レスベラトロールは血管を拡張してペニス増大に繋げる

ヴィトックスαに含まれているレスベラトロールの効果は、血管を拡張させて血流を良くさせます。

 

これにより陰茎海綿体への血液流入がスムーズ化されてペニス増大に繋げるということです。

 

ではその仕組みですが、私たちの体の中の血管ですが、どのようなものだと思われていますか。

 

血管というのは、血液が流れる管ですが、ただの管ではなく、いろんな役目をしています。

 

 

シトルリンをNOに変化させる画像

その、役目で一番重要なのが、一酸化窒素(NO)です。

一酸化窒素(NO)は 血管内の壁から産生されますが、役目は血管を拡張させたり血液をサラサラ状態にさせたりしています。

 

つまり、動脈硬化などを防ぐ役目をしている優れものなのです。

その、NOはL-アルギニンやL-シトルリンによって作られているのです。

 

ということは、ヴィトックスαの有効成分によってNOを発生させることができるということですが、レスベラトロールもNOの体内生成を促す働きを持っているのです。

 

そして、NOが血管に入ると筋組織の平滑筋が弛緩されて血管を拡張させます。

つまり、陰茎海綿体への血液流入が良くなるという仕組みです。

これが、ペニズ増大に繋げるということです。

 

ヴィトックスαには、シトルリンやアルギニン、そして、レスベラトロールの働きでペニス増大を目指しますが、これ以外に100種類にも及ぶプラス成分が体内環境をサポートするということなので、大いに期待できますね。

 

エクストロールαとヴィトックス-αの比較表

エクストロールαとヴィトックスαを比較した表を作成しました。

  エクストロールα ヴィトックスα
価格 4980円 12800円
キャンペーン   12800円で2箱プレゼント
特典   塗るヴィトックス(500名限定)
1日に飲む量 3錠 1粒〜3粒
配送形態 無地ダンボール 無地ダンボール
営業所止め配送 可能 可能
クレジットカード 可能 可能
会社名 株式会社フロンティア MEN LABO

 

エクストロールαとヴィトックスα・・

どちらを選んでも間違いの無いサプリだと思いますが、私はまず、価格の安いエクストロールαを選びました。

 

でも、今、ヴィトックスαはキャンペーン中なので、断然、ヴィトックスαの方が安いですね。

 

ヴィトックスαは、1箱サービスなので、12800円÷2=6400円・・

2ヶ月分として考えると、今は、ヴィトックスαの方がお得です。

エクストロールαの成分

エクストロールαの成分ですが、公式サイトでは下記内容になっています。

L-シトルリン、クラムチャイダ、すっぽん、マカ、オタネニンジン、ガラナ、アルギニン、赤マムシ、ウミヘビ、サソリ、パファエキス、馬の心臓、ビタミンB1、亜鉛、ビール酵母など

 

ヴィトックスαの成分

ヴィトックスαは6つの独自成分を配合

ヴィトックスαは、6つの成分がメインに働きかけますが、さらに動物成分、植物成分、ミネラル酸系の成分がプラス配合されています。

 

シトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカパウダー、赤ガオクルア

 

動物成分

馬睾丸粉末、クジラエキス末、トナカイ角粉末、豚睾丸エキス末、マムシ末、スッポン末、タツノオトシゴ末、鮫軟骨抽出物、エラブ海蛇粉末、蜂の子粉末、ヤツメウナギ抽出物、コブラ粉末、ハブ粉末、黒アリ粉末、カキ肉エキス末、オットセイ骨格筋抽出物、サソリ粉末、鶏肉抽出物、豚軟骨抽出物、豚肝臓酵素分解物、魚肉抽出物、サーデンペプチド、鯉胆粉末、馬親近抽出物、サケ軟骨抽出物、鶏冠抽出物、クリルオイル、結晶セルロース、馬心筋抽出物、ゼラチン、ショ糖脂肪酸エステル、γ-サイクロデキストリン、カラメル色素

植物系成分

トンカットアリエキス末、マカ末、高麗人参粉末、ムクナ抽出物、アカガウクルア末、ボロホ粉末、ブラックジンジャー抽出物、ヒハツエキス、田七人参粉末、ヒマラヤ人参抽出物、ガラナエキス末、エゾウゴキ粉末、ウコン末、ガジュツ末、冬虫夏草、イチョウ葉エキス末、無臭ニンニク末、カンカニクジュヨウエキス末、ワイルドヤム抽出物、龍眼肉エキス末、パフィアエキス、カツアーパエキス末、ロディオラロゼアエキス末、フェンネル粉末、アガリクス末、ムイラプアマエキス末、ヤマイモ粉末、コロハ種子抽出物、春ウコン末、黒こしょう抽出物、ノニ果汁、西洋人参末、トゲドコロ粉末、カカオ抽出物、熱帯ウコン末、発酵黒にんにく末、ハバネロ末、ボタンボウフウ末、黒マカ末、ジンジャー末、ゴマ抽出物、クマザサ粉末、結晶セルロース、ゼラチン、ショ糖脂肪酸エステル、酸化チタン、レスベラトロール

 

ミネラル酸系

L-シトルリン、L-オルニチン塩酸塩、酵母(亜鉛)、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、鉄酵母、ブドウ糖、D-ソルビトール、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エキス、竹炭色素、微粒酸化ケイ素、L-アルギニン、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-グルタミン、L-チロシン、L-トリプトファン、L-フェニルアラニン、L-アラニン、L-プロリン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-メチオニン、L-シスチン、L-アスパラギン酸ナトリウム、L-セリン、L-グリシン、貝カルシウム、酸化マグネシウム、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

(上記成分リストは公式サイトからの転用です。)

 

これを見ると、圧倒的にヴィトックスαの方が成分は多いということになりますが、成分の種類が多い・少ないだけで効果に反映するのか?

 

これだけでは、単純に判断できないと思います。

ただ、ヴィトックスαは、シトルリンを従来製品よりも2倍含有しているということなので、より効果アップに繋げているように思います。

 

会社の姿勢として、常にバージョンをアップすることは、より効果を高めるという努力の姿勢が感じられますね。

 

まとめ

  1. ヴィトックスαの成分の種類はエクストロールαよりも圧倒的に多い
  2. エクストロールαはL-シトルリンとクラチャイダムが主成分で、血行をよりスムーズにさせ、ビール酵母に入っている核酸が細胞分裂を促進させてペニス増大を目指す。
  3. ヴィトックスαは、L-シトルリンとアルギニン、そして、レスベラトロールがNOを生成させて、海綿体の平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させる働きでペニス増大に繋げる。
  4. エクストロールαの方がヴィトックスαよりもコスパが良い

 

↓エクストロールαの購入はこちら↓

↓ヴィトックスαの購入はこちら↓

↓ゼファルリンの記事はこちら↓
ゼファルリン 20代に人気のサプリ効果

Pocket