Pocket

水素水を選ぶには、健康家族の千寿の水 水素水をおすすめします。
その理由は?

水素水を選ぶには、最低4つのポイントをクリアしているからです。

  1. 水素水水素濃度1.2ppm以上
  2. 水素を逃さない容器
  3. 使いきりサイズ
  4. 製造メーカーは信用出来るか?

上記の4つですが・・

まず、カラダに良い影響を与える水素濃度が含まれていなければなりません。

そして、水素を逃さない容器構造になっているか?・・ですが・・・

水素水の中身は水素が入っています。

その水素は、気体なので、そして、かなり小さい分子なので、ペットボトルなどでは、水素が抜けてしまいます。

出来るだけ、抜けない構造で、素材自体完全密閉なものでなければダメなのです。
健康家族 千寿の水パッケージ
そして・・使い切りサイズです。

これも、ボトルの栓を一度開ければ、そのまま、すぐに飲むことが必要です。
理由は、水素が抜ける可能性があるからです。

飲みきらずに栓をして、後から飲む方がいらっしゃいますが、恐らく水素は徐々に抜けていると思います。

そして、水素水を作っている会社の信頼性ですね。
どのような、会社のポリシーをかかげて水素水を製造・販売しているのか・・
これも、知っておきたい項目です。

このような4つの点が水素水を選ぶ最も重要な項目になります。
この4つがクリアしていれば、まず、信用出来る水素水です。

それで、多くの水素水が売られている中、健康家族の水素水、千寿の水を色んな角度から調べてみた結果、これは、おすすめ出来る水素水だと断定出来る根拠を見つけることが出来たので、千寿の水と4つのポイントを分かりやすく説明します。

↓千寿の水(せんじゅのみず)の公式販売はこちら↓
高濃度ナノ水素水 健康家族の仙寿の水

健康家族 千寿の水

おすすめしている、健康家族の千寿の水ですが、もちろん、上記の4つのポイントは全てクリアしています。

千寿の水の、水素含有量は、1.2〜1.6ppmなので、業界の最高レベルの水素含有量になります。

マイクロナノバブル

そして、水素水の充填製法が優れているのです。
マイクロ・ナノバブル製法と言って、水素のガスから細かい泡(サイズ10μm)を作って、水に溶けやすくしてから容器に充填しています。

この製法は、時間を要したり、効率も良くありませんが、高濃度の水素を取り入れやすい状態になるので、製品の品質上完璧な製法になります。

水素水の用途は、飲料目的だけの水では無いことから、このような、非効率であっても、効果に反映する、良い物を作り続ける企業姿勢がしっかりしていると感じます。

そして、千寿の水の容器は、4層構造のアルミパウチを採用しています。
この、4層構造のアルミパウチでなければ、水素を逃してしまします。

と言うことで、今のところ、4層構造でアルミパウチが最も密封を維持する容器になります。

そして、250mlの飲みきりサイズです。
源水は、九州南部の霧島山水系の天然水です。

硬度54mlでサルフェートを豊富に含んでいるお水です。
鮮度を考えて、賞味期限は90日になります。

水素水を選ぶ4つのポイントとは・・

上記の千寿の水の特徴を簡単に説明しましたが、その根拠を説明しなければならないと思います。

 

  1. 水素濃度1.2ppm以上の必要性

    水素水は水素濃度が命です。
    水素濃度が低いとなると、ただの水ということで、効果はありません。

    水素水を買われる方は、水素のパワーである、悪玉活性酸素を撃退することが目的です。

    よって、適正に水素の効果を実感させなければ意味がありません。
    それには、水素濃度がどれだけ必要か?・・で決まってくるのです。
    水素美容の秘密の本のパケージ
    そこで、水素濃度1.2ppm以上は必要と言うことですが、その根拠は、日本医科大学の太田教授の「産学社出版 水素美容のひみつ(早坂理恵 著 太田成男監修)」によると、1日に350〜500ml飲めば試験での効果が認められたとのことです。

    これは、毎日飲まなければならないと言うものではなく、週に2〜3日決めて、飲む方が効果的だと言うことのようです。

    そして、水に水素を充填する限界があります。

    私たちの住んでいる環境での気圧の関係から、1.6ppmの濃度が最大です。

    これは、水素飽和濃度といって、水に圧力を掛けて水素ガスを充填しますが、気温と気圧の関係で1.6ppmが最も多く水素を含ませる最大値なのです。

    でも、工場で1.6ppm充填したとしても、自宅へ届いた時は0.8〜1.2ppmぐらいに下がっています。

    この、0.8〜1.2ppmぐらいで毎日飲み続けることで、健康への被害を助けることが出来るということです。

  2. 水素を逃さない容器

    4層構造のアルミパウチの説明図

    水素水の中身は水素なので、気体が入っています。
    しかも、水素は、かなり小さな気体なので、ペットボトルに入れても、ペットボトルの容器素材の隙間から逃げてしまいます。

    よって、気密性の高い、アルミ素材を4層に重ねた容器に入れないと、長持ち出来ないのです。

    よって、今では、他社の水素水も健康家族の千寿の水と同じように、4層のアルミ素材に入れられています。

  3. 使いきりサイズ

    健康家族の千寿の水は、使い切りサイズの、250ml入です。
    この、250ml入が飲みきってしまうのに、最も適しているサイズです。

    他社の水素水の多くは、400〜500ml入ですが、一度に飲み切れなくなって、飲み残してしまいます。

    水素水パックを開封すると水素が逃げるイメージ

    そして、次に飲む段階では、やはり、水素濃度は下がっています。

    これでは、せっかくの高濃度水素水であっても、もったいないですよね。

    水素は空気に触れたり、衝撃を与えると、減ってしまいます。

    よって、飲み残す場合は、出来るだけパウチ内の空気を抜くことが必要ですが、一度開封すると、どうしても、空気がパウチ内に残ってしまうので、水素濃度が低くなります。

  4. 製造メーカーは信用出来るか?

    水素水詐欺など、ネットではよく出現するキーワードです。
    これは、水素の性質上、水素濃度は製造メーカーを信用するしか無いからです。

    ユーザーが飲む段階で水素濃度が低い・高いの判断は出来ません。
    もちろん、ネット通販で販売している、水素濃度を判定する試薬のメチレンブルーで確認出来ますが、これは、簡易的なものなので正確性に欠けます。

    よって、水素水を作っているメーカーを信じて購入するしかありません。
    そこで、千寿の水の健康家族ですが、信用出来ます。

    健康家族の水素濃度をチェックする工程図

    その理由は、工場から発送される直前で濃度検査を行っていることと、賞味期限を明記している点です。

    この、賞味期限の印字は、今になって、競合他社も対応していますが、健康家族は発売当時から水素水の特性を考慮して、水素は生もの・・・つまり、鮮度が重要だと考えて、会社のポリシーとして、水素水を製造しているのです。

 

千寿の水1900円でお試し出来る

千寿の水パッケージ千寿の水は、通常250ml×10本で2500円+税ですが、通販限定で1900円+税でお試し出来ます。

もちろん、送料無料です。
初回限定のお試しなので、まずは、試してみることをおすすめします。

そして、お得な定期コースも用意しています。
定期コースは、定期的に自動で商品が届けられる便利なシステムです。

250ml×30本、7500円+税のところ、6750円+税・送料無料です。
お試し1900円をスルーして、最初から定期コースの注文の場合は、更に千寿の水を10本プレゼントされます。

この機会に、水素水の力を試してはいかがでしょう。

↓千寿の水の詳細はこちら↓


↓当サイトの千寿の水関連ブログ記事↓

千寿の水 水素水の口コミ

千寿の水 比較すると・・

健康家族 千寿の水 水素水の優れた効果とは?

千寿の水 楽天が最安値なの?

 

Pocket