Pocket

千寿の水

今、話題なのが、水素水を飲んで健康を維持させることです。
その、水素水で1番の人気が、仙寿の水(せんじゅのみず)です。

仙寿の水は健康家族という販売会社から購入出来ます。
でも、仙寿の水が人気があると言っても、どういうことが良くて人気あるのか?

具体的に他の水素水と比較して比べてこそ、選ぶ価値があると思います。
それで、今回は、他社の水素水と仙寿の水との比較情報をお知らせしますね。

水素水は、毎日飲むことによって、身体の錆びを排除してくれるものです。
いくら、水素量が多く入っていると言われても、水素は目に見えない気体です。

だったら、製造元の企業姿勢とか、どういうことを訴えているのかを把握して、良し悪しを決めることが決め手となります。

↓仙寿の水の公式販売サイトはこちら↓
高濃度ナノ水素水 仙寿の水

仙寿の水と他社水素水を比較

仙寿の水 ビガーブライト 伊藤園の還元性水素水 協和の水素豊富水
水素含有量 1.2〜1.6ppm 0.8~1.4ppm 1.2~1.6ppm 0.9~1.1ppm
酸化還元電位 -450〜-500mv -550~-650mv -350~-650mv -300~-650mv
1本の価格
(税込)
206円〜183円 230円〜320円 140円〜185円 219円~232円
1本容量 250ml 500ml 310ml 300ml
容器 4層アルミパウチ 4層アルミパウチ アルミ缶 アルミパウチ(飲みくち無し)
特徴 身体への浸透を考え、マイクロナノブル製法で容器に充填
鮮度を重視して、賞味期限を表示
ミネラル含有、よって、ペット(犬・猫)にはミネラル過剰になるので、飲ませない方が良い アルミ缶仕様の為、水素の逃げが心配、開封後は一気に飲み干すことが必要 アルミパウチで飲み口がないので、コップに移して飲みます。水素が逃げないことを考え、あえて飲みくちを作っていない。

仙寿の水と他社水素水を比較しましたが、あくまで、メーカーからの情報を転記したものです。

これを見て、数値が低いから・・または、高いから、効果に反映するとは限りません。
参考ということです。

でも、ここに取り上げた商品に関しては、比較的売れていて、人気があり、信用出来る商品です。

そして、この他に、サラスパ、クリスタル水素水、スパシア、トラストウォーターなどの商品がありますが、これらも、今回掲載していないだけで、水素水として信用出来るものだと思います。

仙寿の水を選ぶ理由

千寿の水スタッフからの案内それで、なぜ、仙寿の水をおすすめするのか?
その理由は、まず、上記の水素含有量や酸化還元電位、そして、容器について、全てクリアしています。

これについては、伊藤園の還元性水素水意外で、容器の4層アルミパウチ仕様のものであれば同じです。

また、水素の性質を考えると、同じ仕様になるのは当然だと思います。

ということは、価格はそれぞれですが、どれを購入しても同じということになります。
でも、そこで、仙寿の水を選ぶ理由があるのです。

それは、マイクロナノブル製法で容器に充填している点と、鮮度を重視して賞味期限が表示されている点です。
マイクロナノブル製法については、ビガーブライトも同様の製法です。

よって、この2つの水素水が優れていると言えますが、仙寿の水は、更に鮮度を重視している点です。

水素は、いちばん小さな気体なので、ペットボトルなどに詰めても、通り抜けると言われています。

ということであれば、4層のアルミパウチであっても、時間が経つと抜けてしまうことが考えられます。

水素水は、作りたての水素濃度たっぷりで、そのまま、すぐに飲み干すことで効果があると言うことです。
それだけ、水素は繊細なものなのです。

せっかく、注文して、届けられた水素水が、長い間、在庫されていたものであれば効果があるか?
心配ですよね。

この点が、仙寿の水を選ぶ理由なのです。

↓仙寿の水の詳細はこちら↓


↓当サイトの仙寿の水の関連ブログはこちら↓

Pocket