Pocket

トラストVS仙寿の水今、話題の水素水、その中で、売れているのが、健康家族の仙寿の水・・

そして、業界最も水素濃度が高い、アイリンクアソシエイツのトラストウォーターです。

あなたは、どっちを選びますか?
私にどっちを選ぶかと、聞かれると・・迷ってしまいますね。

どちらも、優れた水素水だからです。
では、この2つの水素水を比較しましたので、あなたが気にいった水素水を選んで頂ければと思います。

↓仙寿の水の公式販売サイトはこちら↓
高濃度ナノ水素水 健康家族の仙寿の水

 

水素濃度が高いのは、トラストウォーター

トラストウォーター

アイリンクアソシエイツのトラストウォーターの売りは、水素濃度です。
濃厚水素水と言われることもあって、水素濃度は業界最高レベルの3.0ppmです。

そして、特殊4層構造のアルミパウチ仕様です。
この、2つの特徴だけで、水素は出来るだけ逃がさないということが感じられますね。

水素は、宇宙一小さな分子で出来ているので、普通のペットボトルに詰めるだけで、水素は逃げてしまいます。

また、体内に水素が入ると、胃や腸の壁を通り抜けて、血液を通して脳にたどり着くと言われています。

水素水は、いくら、完全密閉していても、素材によって、水素は逃げてしまうということです。
そこで、トラストウォーターは、特殊4層構造のアルミパウチに入っています。

そして、仙寿の水についているような、飲み口は付いていません。
トラストウォーターを飲む時は、パウチの端に開け口と表示してある点線に沿って手で破って開けます。

そこで、そのまま、飲み干すのが良いと思いますが、どうなんでしょう。
コップに入れて飲むのでしょうか?

トラストウォーターの飲み残し方法

細かいことですが、パウチの端から直接飲むとなれば、ちょっと技術が必要です。
だからと言って、コップにあけるだけで、水素は逃げる可能性があります。

このことですが・・・
その、代わりと言うと、私の推測になりますが、水素濃度が高い・・・つまり、3.0ppmまで上げているということだと思います。

要するに、水素含有量を3.0ppmまで上げていれば、もともと濃度が高いので、コップに入れるなどして、水素が逃げても、十分水素濃度は保っていますよ・・と言うことです。

何れにしても、高い水素濃度の水素水は、少々長く保管していても、水素が逃げるリスクは低くなるのです。

アイリンクアソシエイツは、封を開けて飲む段階で最低1.6ppmはあると言われているので、まず、安心出来ますね。

飲みきりサイズの仙寿の水

千寿の水
トラストウォーターは、1パック420mlなので、飲みきりサイズではありません。
よって、おおよそ、200〜250mlぐらい飲んで、後は保管しなければなりません。

保管となれば、パックを折り曲げてテープで留めるかクリップで留めるしか方法はありません。
いくら、3.0ppmの高濃度水素水であっても、残しておけば、水素は逃げてしまいます。

また、ただ単に、折り曲げて飲み口を遮断させるだけでは、ダメなのです。
それは、少しでもパウチ容器内に空気が入っているからです。

水素は空気に触れると、濃度が下がります。
また、衝撃を与えても、水素含有量は減ると言われています。

よって、トラストウォーターを飲み残す場合は、出来るだけ飲み口から空気を逃してから折り曲げて遮断する必要があります。

これをうまくやるというのは、結構、技術が必要です。

でも、毎回、飲み残しをしていれば、慣れてきて使い勝手が分かりますね。

その点、健康家族の水素水、仙寿の水は、250mlの飲みきりサイズです。
フタを開けて、そのまま、飲みきってしまいます。

これが、水素を無駄なく体内に補給するコツなのです。
それから、仙寿の水の水素濃度が1.6ppmなので、トラストウォーターよりも濃度は低いですが、飲みきってしまえば、水素が逃げると言う心配はいりません。

飲み残しをするのも考えもので、2時間以上経てば、水素濃度は、かなり抜けてしまいます。

私がトラストウォーターを1度飲んで、出来るだけ空気を抜いて、密閉状態にして、2時間放置した時の水素濃度は、0.5ppmまで減っていたので、飲みきりサイズのもので無ければ、水素は抜けてしまうと言うことが理解できました。

また、水素水をコップに移した状態では、1時間30分~2時間ほどで、水素濃度はゼロになっていましたね。
メチレンブルー試薬

これらの試験は、市販のメチレンブルーと言って、水素濃度を測定する試薬を使いましたが、これは、簡易的なものなので、正確性は欠けます。

でも、水素が空気に触れると抜けることがリアルに分かったということです。

そして、仙寿の水の特徴は、水素を充填する製法がナノバブル製法で時間をかけて充填している点です。

これは、水素ガスの気泡は、1mmぐらいですが、マイクロ・ナノバブルサイズ(10μm)にしてから、水に溶かして充填しています。

(10μmは1/100mmの小さな気泡)
このサイズにすることによって、より、水に溶けやすくなり、体への補給にも効率良い状態になります。

トラストウォーターと仙寿の水を比較

(税込・送料込価格)

トラストウォーターお試し 仙寿の水NEOお試し
水素含有量 3.0ppm 1.6ppm
価格 1800円 2052円
1本の容量 400ml 250ml
1本の価格 257円 206円
特徴 4層アルミパウチ(飲み口無し)
飲み残した場合は2時間以内に飲む
4層アルミパウチ(飲み口あり)
飲みきりサイズ
ナノバブル製法
源水 大分くじゅう連山の天然水(軟水) 霧島連山の天然水(軟水)

トラストウォーターと仙寿の水を比較しましたが、この内容をヒントに購入して頂ければと思います。
どちらも、おすすめの水素水です。

それで、仙寿の水ですが、最近、更にグレードアップしたようです。

その詳細は、「仙寿の水が仙寿の水NEO(ネオ)に性能アップ」をご覧頂ければと思いますが、良くなった点は、主に2つあります。

その1つは、飲み口にもアルミ素材を採用したのです。

アルミ内蔵の飲み口を説明

理由は、水素の逃げは、飲み口からだと言われているので、その部分を改善したのです。

そして、水素含有量が1.6ppmに統一されています。

今までは、1.2ppm~1.6ppmと言う表記をしていましたが、製品濃度のバラつきを完璧になくしたということのようです。

仙寿の水はこのようなことが新しく取り入れられて、よりグレードアップされましたが、仙寿の水と言うネーミングも、仙寿の水NEO(ネオ)というバージョンアップした商品名になっています。

ここまで来ると、新しい仙寿の水NEOをおすすめしたいですね。

水素濃度が高いトラストウォーターですが、一人で飲むなら、飲みきりサイズにして頂ければ、より完璧だと思いますが・・

また、ご家族で飲まれるのであれば、半分づつ分けることで、問題ありません。
それで、今、言われている、一般的な水素濃度は、1.0ppmあれば、問題ないようです。

まずは、お試で水素水を購入されてはいかがでしょう。

↓仙寿の水の詳細はこちら↓

↓当サイトの水素水の関連ブログはこちら↓

トラストウォーター水素水は、水素濃度3.0ppmを実現!

千寿の水 楽天が最安値なの?

千寿の水 水素水の口コミ

健康家族 千寿の水 水素水の優れた効果とは?

千寿の水 水素水1900円

仙寿の水の効果

せんじゅのみず お試し水素水

仙寿の水 比較すると・・

Pocket