Pocket

なたまめ茶は、鼻がムズムズしたり、蓄膿症や歯槽膿漏に効くお茶だと思っていましたが、腎臓にも効果があるようですね。

腎臓その効果と言うのは、なたまめに含まれている「ウレアーゼ」と言う酵素が多く含まれていて、そのウレアーゼ酵素が尿素を分解する効果働きがあると言うことです。

尿素を分解する・・つまり、腎臓の機能はろ過させることです。
腎臓の働きで、尿素は体内に無害なものであるアンモニアと二酸化炭素に分解されます。

そして、老廃物はろ過して、キレイになったものは体内に残して、不必要なものは、尿として体外へ排出させます。

このような作用は、なたまめ茶に含まれている、ウレアーゼ酵素が働きかけることで、腎機能の手助けをすることになり、正常に保つことができるのです。

↓美撰なたまめ茶の公式販売サイトはこちら↓
なたまめ茶

腎臓が危険になると・・

このように腎臓は優れた機能で毎日働いていますが、不調になると自覚症状で知らせてくれます。
その自覚症状とは、「むくみ」です。

透析むくみがひどくなったと思われる方は、医療機関で尿検査を受けることをおすすめします。

腎臓が悪くなると最終的に透析を受けることになってしまいますが、尿の出も悪くなります。

このように、腎臓はサインを発してカラダの状態を教えてくれるのです。

まず、このような状態にならないように、むくみや尿の状態がおかしいと感じた時には病院で検査を受け、また、なたまめ茶を継続して、飲むことをおすすめします。

なたまめ茶をおすすめする理由は、ウレアーゼ酵素の働きがあるからです。
もちろん、なたまめ茶は、医薬品では無く、健康飲料なので確実に効果があるものではありません。

でも、実際、なたまめ茶を飲み始めてから、むくみが取れたとか、尿の出が少し改善されたという事例があります。

また、クレアチニン値と言って、腎臓の機能の低下を把握する検査での数値ですが、6.95から5.16まで下がったと言うことも報告されています。(ちなみに7以上は透析を受けなければならない数値です)

よって、少なからず、なたまめ茶の効果も期待出来るのではないかと思います。

京都やまちやの「美撰なたまめ茶」

京都やまちやなたまめ茶おすすめは、京都やまちやの、なたまめ茶「美撰なたまめ茶」ですが、発売3年半で65万袋の販売個数に達しています。

また、購入後の継続率が88%と言う優れた、なたまめ茶です。

栄養たっぷりで、お子さんにも進んで飲んで頂ける美味しいお茶です。
もちろん、温茶でも冷茶でもお飲み頂けます。

そして、美撰なたまめ茶は、メインのなたまめだけではなく、健康食材である、玄米、黒豆、ハブ茶、桑の葉をプラス配合しています。

これらの、プラス成分は、食物繊維やアントシアニン、タンパク質、ミネラルが豊富に含まれているので、より、身体の環境を整えます。

なたまめの持つ効果とその効果を引出す、プラス成分がより、健康へと導きます。

↓京都やまちやの「美撰なたまめ茶」の購入はこちら↓
なたまめ茶


 ↓なたまめ茶の当サイト記事は下記です。↓

なた豆の効果 京都やまちやのなたまめ茶

なた豆茶お得キャンペーン | 京都やまちや

Pocket