Pocket

今、話題の制汗パウダーのファリネですが、手掌多汗症に効果を発揮します。
意外と手の汗で悩んでいる方が多いようですね。
特に、これからは気温が上がって行くので、余計に汗が気になる季節です。

手汗で書類がベタベタ状態それで、手汗ですが、手汗で悩んでいない人にとって、「手の汗ぐらいで・・・」

と思われますが、実際、自分の手には、いつも、汗まみれになっていれば、大変だということがお分かりになると思います。

特にビジネスマンやオフィスレディなどの、職業で、常に人を相手に仕事をしている状況であれば、気を使います。

例えば、書類を上司に見せて、説明する時などは、手汗が気になるので、必ずハンドタオルで手を拭いてから書類を持つとか・・

得意先への訪問でも、背広の内ポケットの名刺入れに手を忍ばせた時には、もう、名刺が汗で・・・
何も、緊張していないし、普通の状態なのに、何故か・・汗がたっぷり・・なんて、悩んでしまいます。

そこで、登場するのが、アスクレピオス製薬のファリネです。
では、手汗対策制汗パウダーのファリネについてレポートしますね。

↓ファリネの公式販売サイトはこちら↓

ファリネの手汗解消効果

まず、ファリネが優れているのは、パウダーと言うことです。
今までの、制汗剤などは、スプレー式とか、クリーム、ジェルが多く、手の平に塗るとなれば、ちょっと気になります。

スプレー式は、吹き付けるので、噴射の音がしたり、クリームとかジェルは、ベタつきが気になります。
既に手の平は、汗がたっぷりなので、汗を一旦タオルで拭いてから塗らなければ、ベタベタ状態になったり、また、汗が残っていると効果が薄れるような気がします。

ファリネを手にポンポンとつけるそれが、パウダーとなれば、キャップをあけで、ポンポンと手のひらに叩くだけなので、オフィスでも素早くつけることが出来ます。

たっぷりの汗でもパウダーは粉なので、つけると同時に、即、乾燥するので始めて付けてみて「すげ〜」と声を出してしまいました。

今まで、手術を考えていたなんて、吹っ飛びましたね。
いいもの、見つけたって感じです。
さすが、92.3%の方が大満足するだけあって、機能に優れています。

ファリネの優れている点

ファリネの詳しい成分やメカニズムに関しての専門的な知識はありませんが、制汗成分はナノ化されたものなのです。
ナノ化と言えば、かなり、小さな分子です。

汗が出る汗腺よりも遥かに小さくて、ファリネパウダーは、0.002mmだそうです。
だから、手の平の汗腺に素早く入り込むことが出来て、しかも、汗の出口をふさいでしまう働きがあるのです。

ファリネパウダーのナノ化

これが、ファリネの優れている点で汗の出口をふさいでいても、皮膚呼吸が出来る程度の保湿を保っていると言うことです。

しかも、無添加、無香料なので、敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。

そこで、1回つけるとどれぐらい持続出来るのか?

これは、購入する側にとって、理解しておきたい点ですが、気温などによりますが、持続時間は2時間〜3時間ぐらいです。

まあ、これぐらい汗を止めることが出来れば、会議などで缶詰状態になっても、気にならない持続時間だと思います。

とにかく、ファリネをつけた瞬間からサラサラをキープすることが優れているのです。

ファリネの詳しい成分やメカニズム、口コミなどは、下記サイトでご確認をお願いします。

↓公式サイトはこちら↓

Pocket