Pocket

カイテキオリゴトウ北の快適工房のカイテキオリゴトウですが、以前は北の大地の天然オリゴ糖と言って買っていました。

少しネーミングが変わったようですが、自然にスッキリ出来るのが特徴ですね。

それで、カイテキオリゴは、店頭販売をしていないようです。
通信販売だけで、日本でいちばん売れているオリゴ糖です。

それから、良くわからないのですが、EOS理論がほとんどの人に効果をもたらすとか・・
これが・・話題になっていますね。

そのことを、調べてみると、お腹の中の善玉菌のエサとなるのがオリゴ糖で、1つの成分のオリゴでは、ほんの一部の善玉菌しか元気にすることが出来ないようです。

そこで、EOS理論が登場しますが、カイテキオリゴトウであれば、ほぼ、全ての善玉菌を賄うことが出来ると言うことです。

これが、多くの人が飲まれても、パーフェクトに効果をもたらすことになったのです。

↓カイテキオリゴの公式販売サイトはこちら↓
『カイテキオリゴ』

乳酸菌とオリゴ糖

便秘解消乳酸菌とオリゴ糖・・この2つは、よく似ていますね。
もう少し詳しくに言うと、腸の中の善玉菌を増やすのが、乳酸菌で、もとから腸内に存在している善玉菌をより活発化して強くするのがオリゴ糖です。

どちらも、腸内環境を良くします。
でも、どちらが有効に働きかけるかが大切です。

つまり、成功率です。
今や、腸まで届く乳酸菌と言って売られていますが、ほんとに100%腸まで届くのか?

この点がポイントになります。
それだったら、もともと、腸内にある、ビフィズス菌を活性化させれば良いと言うことになります。

オリゴ糖は、胃の強力な胃酸などの影響を受けないので、確実に腸内へ到達します。
そして、EOS理論による、ほとんどのビフィズス菌を活性化させて、善玉菌を優勢にさせるのです。

これで、スッキリを取り戻すことになります。

腸内フローラ

腸そういえば、テレビでやっていた、腸内フローラのことと、関係しているように思います。

その内容は、私達の腸の中には、腸内細菌・・つまり、善玉菌や悪玉菌が存在していますが、全て違った性質を持っているので、1つの乳酸菌では、腸内環境を整えることが出来ないようです。

また、悪玉菌と善玉菌の比率によって、太る体質と痩せる体質が分かれているようです。

つまり、善玉菌が優勢になれば、スッキリして腸内環境が整い、少しぐらい糖質をとっても、脂肪となって吸収しないようです。

カイテキオリゴもこれと同じような働きをするので、多くの人の腸内環境を整えることが出来るのではないかと思います。

今まで、乳酸菌もそうですが、私に合っているので、友人に紹介したら、全く効かないと言われたりすることがありました。

それは、このことだと思います。
カイテキオリゴのようにビフィズス菌など、全ての善玉菌を活性化させることが効果につながると言うことです。

↓カイテキオリゴの公式販売サイトはこちら↓
『カイテキオリゴ』(子供ページ)

Pocket