Pocket

医者からLDLコレステロール値が高いと宣告された男性

サンスターの緑でサラナですが、コレステロール値が高い人向けに対策された健康ドリンクですが、どのような働きをして、数値を下げるのか?
気になったので、調べることにしました。

というのは、毎年受ける健康診断で、もう3年程前からずっとコレステロール値が高いので、このへんで何らかの対策をしなければと思ったからです。

それで、よく言われことですが、コレステロール値が高いと動脈硬化を引き起こす危険性があるということです。

これを、簡単にいうと・・血管壁にコレステロールが付着し血流をせきとめたり、血管自体をもろくすることから、血管が破裂する危険性があります。

脳の血管が破裂すると脳梗塞、心臓で起こると心筋梗塞や狭心症になるそうです。
何れにしても、とっても恐ろしい病気にちがいありません。

このようなリスクを抱える前に、コレステロール対策をしておけば避けられるのです。

そこで、健康診断後の再検査で、担当医からアドバイスを受けた時、決まって言われることといえば、食事の改善と運動ですね。

これらはどちらも必須ですが、食事の改善を効果的に、しかも簡単にするには、コレステロール値を下げるドリンクを飲んでいれば安心出来ますね。

つまり、サンスターの「緑でサラナ」が食事の改善に成り代わってコレステロールを対策するということです。

そのコレステロールを対策する根拠が知りたいですよね・・・
よって、次に、緑でサラナのコレステロールを下げる仕組みをレポートしたいと思います。

↓緑でサラナの公式通販サイト
緑でサラナ

緑でサラナは、どのようにしてコレステロールを下げるのか?

SMCSを説明する研究員

緑でサラナがコレステロールを下げる仕組みは、SMCSの働きをするからです。
SMCSとは、S-メチルシステインスルホキシドと言って天然アミノ酸の一種のことをいいます。

その、SMCSの原料は、キャベツやブロッコリーに含まれているアブラナ科野菜の成分で、これが血中コレステロールを低下させる働きを持っているということです。

それで、血中コレステロールを下げる働きですが、肝機能の働きの1つである、コレステロールを胆汁酸に変えて排出させることですが・・

これらの仕事は、肝臓の酵素の働きによるもので、SMCSは、その酵素を活性化させることでスムーズにコレステロール値を下げさせるのです。

 

この、SMCSを含ませた飲料が「緑でサラナ」ということです。

緑でサラナを掲げる女性

緑でサラナの開発販売のサンスターは、SMCSが血中コレステロール値を低下させる効果を臨床試験で確認して、そのデータを、消費者庁へ提出、そして、トクホ(特定保健用食品)の承認を得たということです。

よって、緑でサラナを飲むと、LDL(悪玉)コレステロールを下げることが出来るという優れものなのです。
しかも、今のとこる、野菜が100%含んでいるSMCSがLDLコレステロールを下げるトクホは緑でサラナだけです。

そして、更に「緑でサラナ」は野菜不足を解消させます。

緑のサラナは野菜不足を解消させる

緑のサラナはコレステロールを下げる働きがありますが、野菜不足も解消します。
近年になって、日本人は野菜不足が目立っています。

野菜不足のグラフ

それは、厚生労働省のデータで示されていますが、1日の野菜摂取目標が350gに対して平均277gに留まっています。
つまり、1日あたり73gの野菜不足ということです。

そこで、緑でサラナを1日2缶飲むと、210gの野菜を食べることと同じことなので、厚生労働省の推奨する350gの6割を占めることが出来ます。

これで、通常の食事で野菜を食べているので、合計350gは楽に確保出来ますね。

緑でサラナの野菜摂取グラフ
野菜不足がコレステロールを高める原因になっていますが、それ以外に野菜不足はカラダ全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

それは、野菜を食べないと、ビタミン類やミネラル、そして、食物繊維が足りなくなるということです。

特にミネラルが不足すると、鉄やカルシウムが欠乏するので、冷え性が起こったり疲れやすくなったり、更に神経過敏になる可能性があります。

これらは、男性よりも女性の方が圧倒的に起こりやすいということですが、その理由は女性は骨の量が少ないことと妊娠や毎月の月経で鉄やカルシウムを必要とするからです。

もちろん、鉄やカルシウムは乳製品を食べることで摂取できますが、乳製品は脂質が多く含まれています。
よって、カロリーが気になります。

それだったら、野菜を食べることの方が断然健康的だということです。

そして、野菜に含まれているビタミン類は免疫機能に関わりあっていたり、目の機能で大切な役割をしたり、身体全体の働きに大きく関係しているのです。

よって、野菜を補うことは身体の機能を保持させるもの・・・つまり、決して不足させてはいけないものなのです。

なぜ、コレステロールが高くなるの?

先ほど述べたように、野菜不足がコレステロールを高くする原因の1つですが、それよりも、加齢が大きく関わりあっているようです。

私の場合は、若いころと同じ食事量で適度な運動、そして睡眠も昔の時と変わっていません。
むしろ、若い頃はお酒を今よりも過剰に飲んでいました。

それなのに、どうしてコレステロール値が高くなるの?
・・ということですが、これは、肝臓の機能が衰えだしたということのようです。

肝臓は、コレステロールを合成して、胆汁酸に変化させて排出しますが、その機能が低下しているということです。

心配している女性と看護師

また、女性の場合は、更年期をむかえる頃に閉経によって、女性ホルモンの分泌量にコレステロールが関係していて、それがコレステロール値を高くします。

このように、私たちの体は年齢が進むに連れて老化が進行し、その代償としてコレステロール値が高くなったり、血圧が高くなったりします。

そこで改善策は、老化で減りつつある健康を食事などで補うという方法です。
今回はコレステロールの対策ということで「緑でサラナ」を取り上げましたが、肝臓を含めて野菜のパワーで老化による体の機能低下をくい止めてはいかがでしょう。

次に、緑でサラナを選ぶ理由を列記しました。

緑でサラナを選ぶ理由

緑でサラナの販売実績

  1. ブロッコリーとキャベツの天然アミノ酸である「SMCS」が悪玉コレステロールを下げる
  2. SMCSが悪玉コレステロールを下げる効果については、トクホ(特定保健用食品)なので信用できる
  3. 保存料や砂糖、食塩、香料など入っていない、無添加仕様
  4. 緑でサラナが発売して6年経っていて、累計1億を売り上げている
  5. 1缶飲むと野菜105gを補うことが出来る
  6. 味は飲みやすいことが評判で、ブロッコリーとキャベツの他、6種類の野菜と果物のりんごとレモンが含まれている

↓「緑でサラナ」を詳しく知りたい方は下記の公式サイトで確認して下さい↓

↓コレステロール関連記事↓
LDLコレステロールを下げる「きなり」とは?

Pocket