Pocket

郷ひろみCM
郷ひろみさんのテレビCMでお馴染みの、糖ダウンですが、ALA(アラ)が、1カプセルに15mg配合されています。

ALAとは、5-アミノレブリン酸リン酸塩のことです。

そして、この、15mgという数字は、実際、高血糖を示す212名の方を対象に臨床試験を行った結果、最も有効となった摂取量です。

広島大学臨床試験結果

でも、1日、15mgのALAを摂るとなると不可能です。
例えば、15mgのALAをトマトで摂るには、150kg以上食べなければならないからです。

また、ほうれん草でも93kg以上必要なのです。

このように、物理的に不可能な摂取量ですが、糖ダウンであれば、1カプセルで補うことで済みます。

この、1日に1カプセルを続けていくと、糖を脂肪細胞に貯めること無く、エネルギーに変換してくれると言うこと・・これは凄い事だと思いませんか?

これが、今まで無かった、全く新しい、高血糖を対策する、糖ダウンの効果です。
では、次に、糖ダウンと他の高血糖対策サプリとの違いをお知らせしますね。

↓糖ダウンの公式通販はこちら↓

血糖値対策サプリ
\\糖ダウン//

糖ダウンと他の高血糖対策サプリとの違い

糖サプリの比較

糖ダウンと今まで販売されていた血糖値対策サプリメントとの違いは・・

今までのものは、糖を抑制したり、高血糖になるのを遅らせることを目的としていました。

この、説明の前に、まず、血糖値の上昇からお話すると・・・

私たちは食事で脂質や糖を摂ると、食後の血糖値が上昇します。
この、血糖値の上昇を感知して、すい臓からインスリンが分泌されます。

このインスリン作用で糖を筋肉や肝臓へ取り込んで血糖値を下げさすのが正常な体の機能です。

しかし、インスリンがうまく作用しないので、ブドウ糖が有効に使われないことから、血糖値が下がらなくなる症状になります。

これが、糖尿病ですが・・・

一般的な高血糖対策サプリは、この症状になる前に、糖をブロックしたり、食後の血糖値の上昇のタイミングを遅らすなどして、食後の血糖値を上昇させない働きをするのが、今までのやり方でした。

確かに、この方法も効果はありますが、根本的な対策では無いと言うことです。

もともと、糖を細胞が吸収してミトコンドリアの働きでエネルギーに変換することが出来れば、糖尿病になりません。

糖を代謝出来ない・・・つまり、ミトコンドリアの働きが衰えているから、血糖値を上昇させてしまうのです。

糖ダウンは、この、ミトコンドリアの活性化に働きかけることで、糖対策をします。

ミトコンドリアへのALAの効果

今までのサプリメントは、ミトコンドリアに到達する前に、ブロックしたりしていましたが、糖ダウンは正常な体の機能に沿った働きを助ける効果で対策をします。

よって、根本的な高血糖対策になると言うことです。

それに、今までの糖対策サプリは糖をブロックするという働きを目指すには、食事の15分から10分前にサプリメントを飲まなければなりません。

これが、面倒で、必ず飲まなければ糖対策が出来ないというデメリットがあります。

また、糖ダウンは、食後の高血糖だけではなく、空腹時高血糖もサポートします。

これらの違いが、今までの一般的な高血糖サプリメントとの違いになります。

糖ダウンと、一般的な高血糖サプリとの比較まとめ

一般的な高血糖サプリ 糖ダウン(ALA)
高血糖対策の仕組み 糖の吸収を抑制 糖をエネルギーへ変換
摂取方法 食前に飲む いつでも可能で1日1カプセル
作用 糖を吸収する方法 細胞内のミトコンドリア
効果 食後の高血糖 食後の高血糖だけではなく、空腹時高血糖もサポート

 

肥満は大敵

肥満男性糖尿病になる、多くの原因は肥満です。
肥満は、食べ過ぎや運動不足が原因だと言われていますが、老化も関係しています。

つまり、体内酵素が不足することで、若い頃と同じものを同じ量、食べていたとすると、代謝が減少しているので太ります。

この、肥満が耐糖能と言って、血糖を処理することが出来なくなったりして、糖尿病予備軍になるケースが増えています。

また、糖尿病予備軍なのに対策しないで、放っておくと、糖尿病に発展することになります。
よって、肥満は大敵なのです。

肥満になると、インスリンの分泌に関しても増えたりして良くありません。
それに関係するのが、すい臓ですが、糖代謝に追われ、フル回転することになります。

そうなると、あとは、どれだけ持続して血糖を処理できるかによりますが、結果的に処理が追いつかなくなり、糖代謝が遅れがちになってしまいます。

そして、ダメージを受けることになります。
更に、何が起こるかというと、いちばん恐れられている合併症です。

合併症とは、糖尿病が原因で新たな病気が発症するという症状のことをいいます。

もともと、血糖がエネルギーに変換されないので、そのまま血糖値が高い状態が続くと、体の機能に悪い影響を及ぼすことになるのです。

それは、血管や神経にダメージを与えることになり、糖尿病網膜症や糖尿病腎症、そして、糖尿病神経障害が代表的な合併症です。

そして、更に、心筋梗塞や脳卒中にもなる可能性を秘めています。
このような、恐ろしい病気になる前に、血糖をコントロールする必要性があるということです。

糖ダウンの働きそれには、糖ダウンをおすすめします。

ALAを体内へ補給することで、細胞内のミトコンドリアが糖を燃焼させて、エネルギーを生み出すパワーを補います。

これによって、高血糖が穏やかに正常値まで導いて行きますので、じっくりと、糖ダウンをお試し下さい。

但し、今までの生活習慣の見直しも必要です。
糖ダウンさえ飲んでいれば、解決するものではありません。

食事をする時間や食事のバランス、食事の量、そして、適度な運動と更にメンタル面の改善も必要となってきます。

↓糖ダウンの詳細はこちら↓


↓当サイトの血糖値対策関連ブログはこちら↓

糖ダウンとグラシトール 比較する

郷ひろみサプリ「アラプラス 糖ダウン」

ためしてガッテン 糖尿病対策と「グラシトール」とは

水素水は糖尿病を治すことが出来るの?

メタバリアスリム 糖を抑えてダイエット効果

Pocket