Pocket

糖尿病 ためしてガッテンNHKのためしてガッテンで糖尿病対策について放送されていました。

その放送内容によると、血糖値を下げる効果は、腸内環境に存在するバクテロイデスという菌が関係しているとのことです。

つまり、腸内環境を整えることで、血糖値を下げさせ、糖尿病予防をすると言うことです。
もちろん、腸内環境が良くなれば、ダイエット効果もあります。

それで、血糖値を下げる・・つまり、インスリンを出すスイッチは、腸内に存在しているのです。
そのスイッチを入れるには、水溶性植物繊維と食べる順番を改善することで、解決するそうです。

これは、今までの糖尿病予防の鉄則と言われていた、食事制限や運動などの必要項目とは別の方法になります。

↓グラシトールの公式販売サイトはこちら↓
糖のお悩みに 植物性インスリン含有グラシトール

インスリンを出すスイッチは腸内細菌のバクテロイデスという菌

ためしてガッテン糖尿病血糖値を下げる効果は、腸内細菌のバクテロイデスという菌がインスリンを出すスイッチを入れると言われています。

しかし、バクテロイデス菌を増やすことは現在では不可能です。

でも、実は、アメリカの研究所では、実際、便微生物移植と言って、腸内細菌を入れ替えることを行っているようです。

それで、インスリンを出すスイッチを入れるには、腸内細菌を活発化する・・つまり、細菌にエサを与えると言う考え方です。

そうすると、腸内細菌が活発に活動できるようになります。
そして、腸内細菌がインスリンを出すスイッチを入れることになって、血糖値が下がると言う仕組みです。

その、エサと言うのが水溶性食物繊維なのです。
水溶性食物繊維とは、ごぼう、人参、玉ねぎ、キノコ、ひじき、納豆、玄米ご飯などです。

この、中の1品だけ今までの食事にプラスして食べることで、腸内細菌のエサを与えることになり、血糖値のスイッチが入り、インスリンが出ることになります。

そして、更にパワーアップを考えると、食事の順番を改善することです。
それは、まず、魚類を最初に食べる事がより、インスリンのスイッチを入れる効果があります。

要するに、魚はインスリンを出させる働きを持っていると言うことです。
ためしてガッテンの糖尿病対策については、このようなことですが、更に血糖値を下げさせる効果があるサプリが誕生しているのです。

それは、機能性野菜アイスプラントとピニトールの「グラシトール」というサプリメントです。

アグリ生活のグラシトール

グラシトール

グラシトールとは、植物性インスリンが配合されているサプリメントです。
その、植物性インスリンの正体は、最近話題になっている、アイスプラントと言う野菜に含まれている、ピニトールという物質です。

この、ピニトールが血糖値を下げる効果があるのです。

では、そのメカニズムですが、血液中のブドウ糖は、筋肉細胞に吸収されて、エネルギーとして活動しています。

この過程でブドウ糖は、筋肉細胞に吸収される段階でグリコーゲンへ変化しますが、GLUT4と言う糖輸送担体が重要な役割を持っているのです。

それは、中性脂肪が蓄積されて肥大化されていると、インスリンが受容体と結合出来なくなるのです。
その結果、GLUT4(糖輸送担体)は働きを抑えられることになります。

そして、ブドウ糖が細胞内に吸収できなくなって血液中に溢れだし飽和状態になってしまいます。
これが、糖尿病なのです。

そこで、グラシトールに含まれている、ピニトールは、GLUT4と言う糖輸送担体に働きかけることが出来るので、インスリンと受容体が上手く結合出来て、血液中に流れこむこと無く、エネルギー変換へと進むことが出来るのです。

このような、働きをするグラシトールは、10年間、研究開発されたもので特許取得済の独自製法で作られています。

そして、アイスプラントは、完全密封型の室内での無農薬栽培で育てられ、品質チェックは徹底的に行われています。

これにより、利用者の継続率は、94%もあり実感されています。
1日、6粒飲むだけで、ピニトール300mgを摂ることができ、尿酸値対策は、大いに期待出来るサプリメントです。

↓グラシトールの公式販売サイトはこちら↓


→ バクテロイデスサプリについての記事はこちら ←

Pocket