Pocket

超濃縮プラセンタtp200

やっと、念願の馬プラセンタが登場しましたね。
品質と価格に自信がある、プラセンタtp200です。

プラセンタtp200は、(株)日本メディカル研究所から販売されています。
それで、この、プラセンタは売れてます。

その、売れる理由は?というと・・先ほど述べた、品質が良いと言うことと、価格を最低限に抑えているからです。

つまり、「安かろう、悪かろう」と言うプラセンタでは無いと言うことです。
価格は安く、高品質と言うことです。

だから、売れ続けているのです。
今回は、日本メディカル研究所の「プラセンタtp200」を紹介します。

プラセンタtp200の値段

いいけど高い値段が高くて品質の良いプラセンタは既に存在しています。
例えば、MEJのエイジングリペアです。

これは、良いと言われていますが、継続出来ない方が結構いらっしゃいます。
それは、値段が高くて続けられないからです。

特に、アットコスメでのエイジングリペアの口コミを見ると、値段が高いということが理由で、中止している方が目立ちます。

その、エイジングリペアを通常価格で買うと、1箱(1ヶ月分)が11000円(税別)です。

定期コースにすると、4400円(税別)ですが、2回目からは8800円(税別)になります。初回は、安く感じますが、2回目からの8800円は、キツイと思います。

そこで、紹介する、プラセンタtp200ですが、コスパが良くて、品質も高いので、これは、おすすめしたいと思いました。

プラセンタtp200は、1箱、1ヶ月分の通常価格8000円ですが、定期コースである、ラクラクコースで購入すると、初回1980円(税別)で購入出来ます。

そして、2回目からは、2700円(税別)になります。
それで、ラクラクコースは定期コースですが、いつでも中止、解約が出来るのです。

よって、お試しで購入できるのです。
これは、馬プラセンタの最安値だと思います。

プラセンタtp200の品質と効果

プラセンタは品質が良くないと、効果はありません。
その理由は、プラセンタは胎盤から抽出したエキスだからです。

胎盤は、胎児へ送る元となるものなので、胎児を成長させる栄養分がたっぷり含まれています。
それが、成長因子と呼ばれるものです。

馬と豚の違い成長因子は、細胞の代謝を促す効果があり、私たちの皮膚や筋肉や骨などを代謝させて、健康を維持したり、お肌の入れ替わりを良くしたりします。

これが、プラセンタサプリメントの命と呼ばれるものなのです。

よって、プラセンタは、躍動感があり、生命力があるものが良質なのです。

そこで、ネットでは、色んなプラセンタサプリが売られていますが、最高品質と言われているのが、馬プラセンタです。

そして、お値段が安いプラセンタサプリは、豚のプラセンタを使っています。
この、値段の違いは、出生率の違いもありますが、アミノ酸量が格段に違うからです。

馬は、豚と比べて、約300倍弱もアミノ酸が多く含んでいるので、良質だと言われているのです。

プラセンタtp200のの品質に戻りますが、北海道のサラブレット馬の胎盤を使っています。

そのプラセンタ量は、ネーミング通り、1カプセルの200mg含まれています。
tp200は、北海道産のサラブレット馬の純度100%のプラセンタを200mg(原液換算で8000mg)含有のプラセンタです。

そして、更に低分子化してしているので、体内吸収率が格段にアップします。

低分子化で吸収率アップ

低分子化とは、分子量を非常に細かく小さくすることで、細胞レベルのサイズになり、身体への吸収が速いと言うことです。

つまり、効果が早い段階で出やすくなると言うことになります。

Pocket